5月23日(木)アドバンストアナリティクス グローバルヘッド Bjorn Van Loy (PhD)  東京にてeyeforpharma Japanカンファレンスに登壇

eyeforpharmaはヘルスケア業界のステークホルダーとのトレンドや活動事例の共有を可能とする、製薬業界において世界最先端のプラットフォームの一つです。製薬会社の営業職の将来のあり方を検討するセッションでは、データドリブンな意思決定の製薬会社の顧客中心に捉えた戦略策定の支援方法、また最終的な目標であるコマーシャルリーダーとなる競争優位性の向上方法について、BjornTrilations の培った専門知識を共有します。

日本でのTrilations最新調査:他の業界と比較した現在の製薬業界のデータドリブン度合いを医師に質問

63%の回答者が製薬業界を(金融・銀行業界やメディアに続いて)業界Top3と認識しています。しかしながら現在においても、3人に1人が製薬業界をデータドリブンでないと考えています。これは、利用できるデータソースを掘り起こすことで、顧客ニーズのより深い理解につながるものがまだたくさんあるという、一つの指標に過ぎません。情報に溢れた現在、将来への正しい意思決定を行うためには情報を最適な形で使用することが鍵となります。今回の講演では、患者さんや医師のニーズに耳を傾け、理解し、取り入れることで、本物のデータドリブンなカスタマーセントリシティの競争優位性向上方法を解説する予定です。

「63%の回答者が製薬業界を(金融・銀行業界やメディアに続いて)業界Top3と認識」

顧客データの閲覧や市場の牽引要素への理解に時間を費やすことで、ビジネスインサイトを獲得します。その結果、カスタマーセントリックかつ信頼できるデータに基づく戦略の導入が可能となります。データからインサイト、インサイトから戦略へと変換するプロセスをBjornが解説します。伝統的なマーケットリサーチと最先端のアドバンストアナリティクス技術を融合し、行動の優先順位付けとROIの最大化を支援します。データドリブンなシステム、堅実な戦略的ガイダンスと確実なアクションプランを提供する実績ある手法です。

本当にカスタマーセントリックな営業は、特定の疾患領域における患者さんや医師の問題や欲求を理解するだけではありません。マーケットや製品の牽引要素を理解することがインサイト豊富な戦略への第一歩となります。また、顧客とのインタラクションの質や効果も同程度重要です。顧客へメッセージを伝える最適な方法やタイミングを組織は無視しがちです。情報提供の頻度やチャネルの嗜好は、医師によって異なります。また、個別化したインタラクションやチャネル選定もデータに基づくものでなければなりません。

5月23日11:30~11:55開催、Bjornのプレゼンテーションへのご参加、当社ブース#4までお越しください。

アイディア交換や、貴社の顧客や将来のオムニチャネル戦略策定の支援ができますことを心より楽しみにしています。eyeforpharma Tokyoにてお会いできることを願っています。

本トピックやプレゼンテーションに関して質問がございましたら、Bjorn Van Loyにコンタクトしてください。

 

Delivering strong analytical support and fact-based advice, helping our clients being optimally prepared for new or constantly changing markets. Decisions delivered!
Bjorn Van Loy Global head of Analytics
Questions about our expertise? Struggling with a specific challenge? I am at your service to help you find / talk about the best solution.
Hendrik Verplancke Sales Director

関連記事

医薬品の発売を成功に導く秘訣

The secrets of a successfull launch in pharmaceuticals

内容を読む