現実的な変革は管理したプロセスを要する

膨大な量のデータとアドバンストアナリティクスに基づいたインサイトを提供しても、変革プロセスが実行されなければ意味がありません。多くの場合、組織の姿勢と文化の変革が必要です。段階別の計画とバランスのとれたコミュニケーションを用いるとうまくいきます。

タイミングが重要です。マーケット分析が定期的に行われている場合、今後の(時に劇的な)変化が次の分析結果に反映されます。その分析結果を活用すると、直近の財務結果の差し迫ったプレッシャーに変革を強いられるのではなく、将来に向けて計画的に変革していく機会をもたらすことができます。財務結果を基に変革を強いられた場合、生き残りをかけたネガティブな変革となり、フォーカスが内部に向くためより大きな抵抗を受けます。費用と労力の掛かるリストラクチャを避ける方法は、適時分析することです。

変革過程の開始が遅れると、トップダウン戦略アプローチの「ブロックバスター変化モデル」という選択肢のみが残ります。タイムリーなインサイトから予測したマーケットの変化は、より段階的・分権的・継続可能な変化プロセスを可能にします。大規模な組織変革の代替は…

時間の間隔が短く持続可能な変化

この変革プロセスモデルは、マーケットの変化は避けられないものであるという理解の内部プラットフォームに基づいています。最初のステップとして、組織が明確な戦略フレームワーク内でレスポンスをする必要があります。企業のリーダーは説得力ある将来のビジョンを伝えるべきではありますが、マーケットへの新たなアプローチ完了時の見え方を、始めから詳細に渡って明確にする必要はありません。そのステップを計画し時間を測りますが、結果は測りません。計画的に混乱を起こします:アイディアが巡り、解決策定にチームや人々が関わります。戦略目標に紐づいている限りどのようなアイディアやイニシアティブも歓迎し、ある程度の自由があるというメッセージになります。リスクや失敗の可能性があります。

コミュニケーションが鍵であると言わざる得ないでしょう。認知し解決策の一部になりたいという欲求をそそり知識を共有するという昔ながらのサイクルが、組織内外における変革の受け入れや支援へとつながります。そのような変革計画の導入には、慎重なコミュニケーション計画、アンバサダープログラム、ロイヤルティコミュニティや共同作成ツールが必要となります。よって、伝統的なファクトベース分析サービス(ハード面)が貴社の組織を新たな場所へと導きます(ソフトスキル)。

大きな混乱はありませんが、小さくても頻繁に破壊的なイニシアティブを起こしていくのです。一旦変革プロセスが伝わり受け入れられ次第、使用すべき最も重要な要素の全体像を以下に示します。

組織全体が内部または外部の破壊的な要素に目を光らせているため、着火剤の在庫が増えます。責任者は、それが燃え続けるよう努めるべきです。注目を与え続けることで、変革カルチャーを広げることができるでしょう。

チームリーダーは戦略に必要な要素を常に保持し続けるべきです:全ての日々の活動が全体目標に貢献するものなのか、早期段階から全体目標に貢献しないものがあるのか?新しいイニシアティブをとる際、新しい方向性との整合性や新しい環境における効果の大きさは。このマインドセットを維持するトレーニングやツールは贅沢なものではありません。

数値化の徹底

数値化した結果は、成功しなかった例を、成功する変革へと変えることができます。数値化した結果は、向上や調整が可能です。数遊びのゲームです。根拠となる具体的な数値を示すと、より抵抗なく受け入れられます。

このような典型的な組織変革計画は短時間で修正できるものではなく、一歩一歩着実な向上が必要となります。また、自由回答式で対応できるものでもありません。明確なタイミング計画・費用計画を伴うロードマップが形と結果をもたらすのです!

本記事の著者は当社COOであるClaire Versluys です。

An organization is as strong as the synergy of the different individuals. Organizational transformation is the balance between top-down direction setting, broad-based, bottom-up performance improvement and cross-functional core process redesign.
Claire Versluys Head of Organizational Transformation
Our aim is to be the preferred business partner of our customers, by providing innovative, added value services via engaged consultants.
Johan Vermeiren CEO

関連記事

長期 顧客ロイヤルティの構築

内容を読む